WEB集客とは?初心者でもわかるメリットとデメリット、種類と方法を徹底解説

 

Web集客

 

近年、テレワークが導入されたり、テレワークの機会が増えた方も多いのではないでしょうか。テレワークにより、インターネットを利用する機会が増加する傾向になっています。

インターネットを利用し、Webから集客する方も増えているでしょう。しかし、Web集客の悩みは尽きず、「Webから集客する方法は何があるの?」「Web集客をしたいのになかなか上手くいかない、効果がない」「SNSを利用したほうが効率がいいの?」などの声があります。

今回の記事では、

  • Web集客の意味と種類
  • Web集客の方法とメリット・デメリット
  • 業種ごとの集客方法

から、Web集客についての基礎と成功するための必要なポイント・集荷の具体的な施策やテクニックをご紹介していきます!

 

Web集客とは?

Web集客

Web集客とは「インターネットを通しておこなわれる集客」のことです。検索から流入、Web広告、SNSなど幅広くあります。ここでポイントなのが、どんな人を集めるのか。を決めることです。

例えば、ビジネスにおいて集客したい場合。集めたい人は「お客様になりそうな人」です。しかし、ただ人を集めただけでは集客の成功とは言えません。集めた人に、購入や問い合わせなどのコンバージョンや認知をしてもらうこと、動画の再生などの目的が必要となり、集客した後に、サイトやブログにアクセスした人に何かしらの行動をとってもらうことが必要です。

そこで、集客した人に何かしらの行動をとってもらう方法としてWeb集客でやることは、2点あります。1点目は、どんな場所に人を集めるのか?です。2点目は、その場所にどのような方法で人を集めるのか?です。Web集客とひとことで言っても、たくさんの方法があります。

 

Web集客の種類

Web集客 種類

Web集客をする場所として1番多いのがホームページです。ホームページには、サイトのトップページから商品のページなどさまざまです。また、Web集客の対象にする場所は、時代の変化によって変わるものです。今の時代は、SNSや動画、アプリなども集客先としてあります。

自然検索からの流入

Web集客を考えた時に、まず検討することが多いのは検索エンジンからの集客です。当たり前のように知っているGoogleやYahoo! JAPANが日本で利用される検索エンジンとなっています。この2つでシェアは90%以上と言われており、検索エンジンからの集客を考える場合、この2つはマストとなってくるでしょう。

また、検索エンジンを使う人の目的は、何かしらの「悩み」や「求める情報」があるときです。人の悩みや情報に答えるページや商品・サービスを提供していたら、検索エンジンから集客した人を顧客化しやすくなります。

ディスプレイ広告からの流入

ディスプレイ広告とは、広告枠のあるWebサイトやアプリに掲載できる広告のことです。サイトのトップだったり、アプリの中で表示されていたり、よく目にすると思います。Web集客としてよく使うのは、Google広告とYahoo!広告です。ディスプレイ広告の特徴は、豊富なターゲティング機能です。Google広告もYahoo!広告とも、購買意向のある人や興味関心がある人にアプローチできるターゲティング機能が搭載してあります。

ターゲティングするときのポイントは、特定のユーザーを対象にするのか、特定のコンテンツを対象に広告を出すのかです。ユーザーは、「人」の情報をもとに広告が配信でき、「年齢や性別、興味関心」を対象にアプローチができます。コンテンツでは、広告に掲載する「場所」を対象に広告配信できるターゲティングであり、特定のページやアプリを対象にアプローチができます。

ソーシャルメディアからの流入

日本でSNSを利用している人は、約8000万人。主にTwitter、Facebook、Instagram、LINE、Youtubeといった会員同士で情報共有が可能なもの。80%近くの人々が日常生活の中で利用するサービスとなっているので、マーケティングに使う企業も増加してきています。話題性の高い情報は検索結果に表示されるよりも短時間で流動的に情報が拡散される傾向にあるのが特徴です。

直接の流入

直接流入の方法としては、URLをブラウザに入力、ブックマークから直接アクセスする行動があります。URLから直接サイトやブログへアクセスする方法で大切なのは、地道に人目に触れる場所へURLを掲載することです。例えば、名刺やメールのフッターなどがあげられます。また、QRコードを読み取ってもらうのも1つの方法です。店舗ビジネスであれば、店舗の壁や入り口など集客したい人が接触する場所に貼ると効果的でしょう。

 

Web集客の方法とメリット・デメリット

content seo

Web(インターネット)からの集客経路として、大半がGoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンが占めています。そのため、Webからの集客を考えるのであれば、SEO対策で自社のWebサイトを上位表示することが必要不可欠と言えるでしょう。しかし、SEO対策にもメリット・デメリットがあるので解説してきます。(SEO対策って何?何から始めるの?と思う方は、コチラをCheckしてみてください。)

SEO対策のメリット

  • 広告とは異なりコストが抑えられる、また無料で施策できる。
  • 検索結果でランキング上位に表示されると中長期的に安定した集客が低コストで見込める。
  • 検索行動から集客となるため成果に結びつきやすい、コンバージョン率が高いユーザーの流入が得られる。
  • 上位表示されることにより高いブランディング効果を得られる。

SEO対策のデメリット

  • SEO対策対策を行っても効果が表れるまで時間がかかり、即効性に欠ける。
  • 1ページに対して1テーマが基本なので綿密に行うにはコンテンツ制作さどの人的コストがかかる。
  • キーワードによっては上位表示の難易度が非常に高い場合がある。
  • 検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右される場合がある。

SNS

SNSで集客する方法は、2つ。1つ目は、広告をつかわない方法。2つ目は、広告を使う方法です。ただ、SNSと言えど、たくさんの種類がありますよね。代表的なSNSをピックアップしてご紹介します。

  • Twitter
    若い層の利用率が高く、ほかのSNSと比べて拡散力が1番大きい特徴があります。「今」起きていることなどタイムリーな情報発信するのに向いています。ある食品会社のアカウントでは、Twitterの運用を開始したばかりの現状をつぶやいたところ、社内の雰囲気がユーザーの心を掴みまたたく間に拡散されました。Twitterは、リツイートやいいねで二次拡散がされればされるほど、広告効率および費用対効果が高くなります。
  • Facebook
    実名での利用が基本なので、リアルな知り合いとつながるSNSのイメージです。しかし、実名での登録のために他のSNSとは異なり、ユーザー属性の精度が高くなっています。名前以外に、性別・年齢・職業・居住地などユーザー属性を細かく指定し広告配信できる大きな特徴もあります。また、潜在顧客に対し興味喚起できるため、セミナーやイベント集客に強いです。
  • Instagram
    日本では20台を中心に利用者が急上昇している注目のSNS。写真や動画をメインに投稿するSNSです。写真や動画がメインであるために、ビジュアルで訴求するのに効果がありそうな美容関連・飲食・インテリアのようなビジネスで利用するのに向いています。特に女性向けの商品の宣伝に強いです。また、Instagramは、Facebookの子会社であるために、InstagramのアカウントがなくてもFacebook広告と一緒に広告を出稿することができます。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!JAPANといった検索エンジンに登録された「キーワード」に関連するキーワードに検索されると、検索結果に広告内容を表示する検索連動型広告のことです。広告の掲載先を指定できるほか、地域(国、都道府県、市など)を細かく指定できるメリットがあります。例えば、広告のターゲットを北海道と設定した場合、北海道のユーザーがGoogleで「Web集客 北海道」と検索した時に、広告が表示されるチャンスが生まれるというわけです。

コンテンツ制作

SEO対策において質の高いコンテンツ作成が最も重要なカギです。とは言え、「質の高いコンテンツ」とはそもそもそのような記事なのかと思う方も多いでしょう。質の高いコンテンツ作成の基本は、ユーザーファーストで作られた有益な内容であること、かつGoogleなどの検索エンジンがその内容を正しく認識できることの2点です。また、最高のSEOコンテンツを作成するための7つのコツがあります。

  1. ユーザーが求めているSEOコンテンツを提供する
  2. ユーザーが読み進めたくなるライティング
  3. 悩み解決するためにコンテンツの深堀り
  4. 画像などを入れビジュアルで理解しやすくまとめる
  5. SEOコンテンツに信頼性をもたせる
  6. 0次情報(自身の体験)、1次情報(体験後の話や人から聞いた話)を盛り込む
  7. 強調スニペットに載るようにSEOコンテンツを最適化する

これらは良質な記事を作成するためには必要不可欠な要素となります。SEOおいて軸となる重要なポイントで、記事作成の基本をより深く追求していけば、検索結果で上位表示しやすいSEOコンテンツを作成することができます。

 

業種ごとのWeb集客方法

Web集客には、業種ごとによって最適な戦略や手段があることはご存知ですか?せっかくWeb集客を行うのであれば、その業種の施策や傾向などを理解して着実に成果を上げたいものですよね!

飲食店のWeb集客方法

飲食店

Googleマイビジネス

検索やマップに掲載されている店舗の情報管理や顧客との交流、アピールができるシステムです。

SNS

Twitter、Instagram、LINEなどは、今や飲食店のWebマーケティングにおいて欠かせないツール。写真や文章でに魅力発信はもちろん、クーポンやキャンペーン情報の配信ができるために、即効性のある集客が可能です。

グルメサイト

ぐるなびや食べログなどにあるクチコミで、実際に訪れた人たりのリアルな反応を確かめられるので飲食店を比較するときの重要なツールです。しかしクチコミがメインであるために信用性や不安解消にかける部分も少なからずあることを把握しておきましょう。

公式ホームページ

SNSやクチコミでは分からない、店舗からの情報が発信されていることから顧客の不安を解消し、飲食選びの決定打となることもあり重要なコンテンツです。

クーポン配信・アプリ

スマホで簡単に見ることができるために、新規顧客を獲得するにはとても期待のできる飲食店のWebマーケティングです。画面を見せるだけで特典が受けれることから潜在的な顧客へのアプローチも可能です。

整体・鍼灸・整骨院のWeb集客方法

整体院 鍼灸院 整骨院

SEO対策

整体・鍼灸・整骨院を探している人は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに「地名 整体院」とワードを入れます。そうすると、まさに今探している整体院がヒットするので効率的にアプローチできるのです。SEOでアプローチできるのは、すでにニーズが顕在化している見込みの高いお客様です。つまり、検索するユーザーのニーズと、自院の強みや特徴をマッチすればユーザーは足を運んでくれるでしょう。

ホームページ

チラシなどの紙媒体で集客するのも1つの方法ですが、費用がかかるほか、一部の地域にしか広げることしかできません。そこで、ネット上にホームページを公開すれば、一部の地域だけでなく全国どこからでもユーザーがアクセスできるようになります。高い費用をかけずに全国的に宣伝できるようになれば、より多くのお客様に自院をアピールできるようになり集客できる可能性が高まります。

広告

検索結果上部に表示するための「リスティング広告」、クチコミなどが掲載されている比較サイトに掲載される「ディスプレイ広告」「バナー広告」など、多くのユーザーの目に触れることで、自院の存在を知ってもらうという観点では、非常に重宝する方法です。

クリニックのWeb集客方法

クリニック

SEO対策

NO.1クリニックを目指すには、患者様が一体何を求めているのか、どんな情報があったら不安が解消されるのかなど患者様のニーズにこたえることのできるコンテンツであることです。クリニックのWebサイトで友好的なSEO対策は「アピールしたいポイント+地域名」です。例えば、症状+地域名や病名+地域名など。他のクリニックが行っていないような独自スタイルで差別化を図り、強みをアピールして集客することが重要になってくるでしょう。

MEO対策

これは、GoogleマップにおけるGoogleマイビジネスの地域検索順位の上位表示によって集客する方法です。Googleマイビジネスに登録して活用することでマップ情報によるクリック率のアップが見込めたり、クチコミ投稿してもらうことで、よりクリニックをしってもらうことができます。

リスティング広告

Web集客上において不足している部分を補う方法として、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際に、検索上部に表示される「リスティング広告」がオススメです。費用はかかってしまうものの、まだ知られていない患者様に認知してもらうきっかけになるでしょう。

 

パーソナルトレーニングジムのWeb集客方法

ISLANDパーソナルジム

ホームページ

パーソナルジムにおいて、顔ともなるホームページは必要不可欠です。自社の特徴や魅力、設備環境やアクセスなど見込み客・既存客にとって必要な情報を網羅することができます。パーソナルジムの差別化を図るためには情報を多く掲載できるメリットがあります。

SEO対策

パソコンやスマホなどのデバイスから検索した際に上位に表示させるための対策。例えどんなにクオリティが高いデザイン、情報を網羅したホームページであってもSEO対策が行われていないと、誰からも閲覧されず意味を成しません。

MEO対策

検索する見込み客集客にもはや登録必須のGoogleマイビジネス。ホームページと同様に登録したGoogleマイビジネスを上位表示させるために対策です。このメリットは、通常の検索と別枠で表示されるために、大手他社やSEO対策に強い他社が上位表示を占めていても効果的です。

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索結果の上位に表示できる広告。SEO対策よりも即効性があり、ユーザーにより早くアプローチできます。

ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイ広告は、Google広告・Yahoo!プロモーション広告が主であり、閲覧しているページにバナーにて表示されるものです。広告を表示させるサイトのテーマや配信ターゲットの設定が可能です。このような設定ができるため、ジャンルに興味のある見込み客へのアプローチが可能です。

ブログ

日記のようなものではなく、コンテンツ内容、キーワード、見込み客・既存客など、自社のパーソナルジムと関連するユーザーにとって有益な情報を発信するための方法です。ホームページへの誘導、SNSからの着地点、通過点としも活用できます。

SNS

Twitter・Instagram・Facebookなどを活用し、それぞれの特徴やユーザーの属性を生かし発信する内容を分けたり、読む・観るの2つの観点からアプローチができます。中でも、TwitterとInstagramでは、ハッシュタグを上手く使うことで、パーソナルジムの認知や商品の購入につなげられるメリットもあります。

Youtube

在籍する人気トレーナーによるトレーニングの仕方や、正しいフォームなど自社のサービスに関するコンテンツを発信出来たり、パーソナルジムに入るきっかけを作ることに活用できるでしょう。

このように業種ごとによってWeb集客はさまざまな方法がありますが、どの方法をとるにしても一見で自社サイトを訪れた人をコンバージョンにつなげるためには、優れたコンテンツの充実が欠かせません。

パーソナルトレーニングジム|RAYEL(レイエル)たまプラーザ

WEB集客のコツを掴んで集客効果を高める

集客効果

Web 集客は知識がないままはじめても成功しません。具体的な施策やテクニックの前に、まずは基本的な知識を学ぶことからはじめましょう。

 

ブログ一覧ページに戻る