Webコンテンツてそもそも何?コンテンツ制作の重要性を徹底解説

 

コンテンツ制作

「ホームページなどでコンテンツが大事と言われるけど、コンテンツって何?」「良質なコンテンツってどうやって作成するの?」といった、お悩みはありませんか?「コンテンツ」を理解しているようで、実はあまり分かっていない方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、

  • Webコンテンツとは結局何のことなのか
  • Webコンテンツは、なぜ重要なのか
  • Webコンテンツのメリット
  • Webコンテンツの集客効果は会社の財産になる!?

などを踏まえて、分かりやすく解説していきます!

Webコンテンツとは何か?

content

良く耳にする、コンテンツやWebコンテンツとは結局何なのか。と、疑問に思ったことはありませんか?Webコンテンツとは、情報の中身のことを差します。特定なモノを差すものではなく曖昧な表現であり、いわば「インターネット上に掲載されている情報すべて」が該当します。また、コンテンツとは、

  • 「中身」
  • 「内容」
  • 「目的」

といった意味を持ちます。簡潔に言えば、「コンテンツは、Web上でコミュニケーションする手段」です。電話やメール・チャットなど、Web上では主にコンテンツを利用して相手と対話をしているのです。Google検索等の検索結果画面で表示される広告や、Webサイトに表示されるバナーなども含めてすべて「Webコンテンツ」と言います。ホームページ内に掲載されている短い文章や画像・動画であっても、インターネット上でそれらが表示されている限りすべて「Webコンテンツ」に該当するのです。ここで重要なのは、どんなに短い文章であっても立派なWebコンテンツであるということです。

なぜ、Webコンテンツが重要だと言われるのか?

さまざまな企業にとって今や、Web戦略やWebマーケティングにおいて「Webコンテンツ」を作成できるかどうかは非常に重要なスキルとなっています。例えば、集客の観点からみてもコンテンツは重要です。なぜなら、大きな集客手段である検索エンジンは、検索者にとって有益なコンテンツを検索結果の上位に出そうとするからです。検索をしても誰の役にも立たないようなコンテンツでは、なかなか集客が出来ないということになります。

今の時代ではTwitterやFacebook、InstagramといったSNS(ソーシャルメディア)での検索も主流になってきているので、それらの動きを見逃すことはできません。ソーシャルメディア上で話題になったサイトや商品・サービスは、一気に認知度が上がりサイトのアクセス数も増えます。この場合もやはり重要なのが「コンテンツ」。ソーシャルメディア上で話題になるようなコンテンツが必要です。また、悩んでいたり、迷っている見込み客の観点でも、コンテンツは重要となってきます。なぜなら、お客さんは様々なコンテンツを見比べ吸収し、商品の質を判断したり比較をしているからです。

ビジネスにおいてコンテンツは、とても重要なことです。ほとんどの場合、コンテンツを通じて買い手と売り手はコミュニケーションを取ります。提供している商品やサービスの情報を正しく伝えるためのコンテンツの質が悪かったり間違っていたりすると、どんなに良い商品であってもその価値は相手には届きません。コンテンツを通じてお客さんと繋がっていくため、コンテンツの品質=現実世界でいうコミュニケーション力です。

 

 Webコンテンツを求めて、訪問者はホームページにアクセスする

web

多くの方が普段アクセスするWebサイトは、各種ニュースサイトや面白い記事を発信しているブログ、楽天やAmazonのようなネットショップ、Youtubeなど動画サイトが多いと思います。これらのサイトへアクセスしているのは、サイトのデザインが見やすく優れているからでしょうか。恐らくそういったことではないと思います。最新の情報を知るためにニュースサイト、肩の力を抜いて楽しめる好きな趣味のブログ、気になっている商品を調べるネットショップ、好きな音楽を聴いたりお気に入りの投稿者がアップする動画などをチェックするために訪問しているはずです。これらは、すべてWebコンテンツです。人々はWebコンテンツを求めて各サイトにアクセスしているのです。Webコンテンツが豊富であり、随時更新され無ければ人々はそのサイトをリピートしようとは思わず、そもそも訪問することもないでしょう。

 

コンテンツの質と量はSEO対策の集客力に直結する

content seo

良質なWebコンテンツがたくさんあることで検索エンジンから集客することができます。企業のホームページの集客で見逃してはならないものは、高品質なWebコンテンツが大量にあるほど、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンから多くのアクセスを集められる事実。検索結果で上位の順位を獲得し、より多くの集客するための手法を、SEO(Sesrch Engine Optimization)と呼びます。

また、良質なWebコンテンツさえ作成できれば、SEO対策の知識が無くてもランキング上位は可能です。検索ユーザーの役に立つWebコンテンツを発信していくことが重要です。そうすることで、SEO対策の細かい知識や技術がなくてもGoogleが勝手にWebコンテンツを見つけてくれ、ランキング上位となります。SEOは企業ホームページのアクセス数の大半占める柱です。その柱を太くし、安定させるには良質なコンテンツの発信が不可欠です!

 

Webコンテンツにしかないメリット

コストが低く初期費用を抑えて始められる

Webコンテンツは広告とは違い施策実施が低コストなために、誰でも始めやすくなっています。Webコンテンツを入れるサイトディレクトリがあればすぐに始められ、ない場合でもディレクトリ追加の初期開発費のみで始めることが可能です。

コンテンツが資産となり長期的に費用対効果がよくなる

の高いWebコンテンツを書き、SEO対策によりランキング上位に入った場合には、半永久的にユーザーの流入を見込める資産になります。また、費用をかけ続けなければならない広告と比べ、制作してしまえば自動的に流入し続けてくれるWebコンテンツの方が費用対効果が良くなることが多いです。

ユーザーがリピーターになりファン化する

質が高く価値のあるWebコンテンツを発信し続けることで、ユーザーに有益なWebコンテンツを届けられます。そのことにより、ユーザーがリピーたーとなり、ファン化します。また、ファンがコンテンツを拡散することによって、さらに閥のユーザーにも広がり認知してもらえるために自社の認知度向上・売り上げにも貢献します。

企業として専門性が上がり、信頼を得られる

同じテーマに基づいて発信することで、ユーザーが「〇〇を知りたければ●●会社!」のようなイメージを抱かせることができ、その分野の専門家というポジションを確立できます。

検索エンジン以外でも認知度を高めることができる

ユーザーにとって価値のあるWebコンテンツは、SNSで拡散されやすくなるでしょう。それにより、さらに多くのユーザーへの認知に繋がり自社の認知も高めることができます。Webコンテンツは、検索エンジンのみならず様々な場面で活用することができます。

自社への魅力から求人応募に繋がる

求職者が自社のサイトに訪問した時に、専門性の高いWebコンテンツを発信続けていることで魅力され、自社で働きたいという気持ちになり採用に繋がることもあります。

社内の活性化に繋がる

社長の考えであったり、社員の声から、社員同士のモチベーションアップ・コミュニケーションが活性化するメリットもあります。Webコンテンツは社内の活性化にも大きな役割を果たします。

 

Webコンテンツの集客力は長期間持続する

折り込みチラシやダイレクトメール、CMなど従来の広告媒体とWebコンテンツには、決定的に違う点があります。それは、持続力。折り込みチラシやダイレクトメール、CMは即効性あり、短期的な集客力には長けていますが、発信1ヶ月後にはほとんど集客はゼロに近くなっています。それに対してWebコンテンツは、一度公開するとYahoo!やGoogleなどの検索エンジンから2年たっても、3年たってもほぼ永久的に集客し続け、潜在顧客が集められます。これがWebコンテンツとSEO対策の最大の魅力です。集客力が長期的に持続する反面、即効性には欠けてしまいがちですが、その時はFacebookやTwitterなどのSNSによる拡散を併用して、カバーしていくと良いでしょう。

 

Webコンテンツの集客効果は蓄積され、会社の財産になる

集客効果

良質なWebコンテンツは、株券や不動産のように存在する限り、集客に貢献し利益を発生させます。すでに説明したように、Webコンテンツの集客力は持続します。そうすることで、1年前・3か月前・先月などといった過去に追加したページもそれぞれ同様に今月の見込み客を集客してくれることになります。合わせえ、今月さらにページを追加することで集客効果はもっとアップするでしょう。つまり、企業のホームページ全体の集客効果は、新しいWebコンテンツを追加すればするほど蓄積され、増強されていきます。

また、良質なコンテンツは、存在する限り株券や不動産と同じように、会社の集客に貢献し、会社に利益をもたらす財産となります。努力してWebコンテンツを積み上げることで会社の財産となり、未来の売り上げを着実にアップできるものとなります。

集客と売上げアップに直結するWebコンテンツの作成方法

webcontent sakusei

商品・サービスの紹介ページを充実させる

自社が取り扱っている商品やサービスの紹介ページは、企業のホームページの中核となるWebコンテンツ。ここの出来が悪いと来店やお問い合わせにつながらないために、まずは商品やサービスのページを充実させましょう。商品やサービスの紹介ページの質や情報量で来店やお問い合わせを獲得できる確率が変わってきます。訪問者に見やすいページ作りも重要です。お客様目線になり、複数のカテゴリー分けをしたり、文章を改行したりと工夫することで集客や売り上げにつながるため、とても重要です。また、お客さまのニーズや困りごとを解決することにポイントを置くと効果的な方法となります。それらの答えが網羅されて解消されるような商品やサービスの紹介ページを作成すると良いでしょ。すべての商品を1ページに収める必要はなく、「よくあるご質問」のカテゴリーに集約させ、商品やサービス紹介ページからリンクを張るという形式でも可能です。

アクセス数を増やすには売り込み以外のWebコンテンツも作成する

商品・サービスの紹介ページを一通り作成したら、次は売り込み以外のWebコンテンツを作成し、整備しましょう。これも、企業ホームページのアクセス数をアップするためのポイントとなってきます。実はどのジャンルであっても、いずれアクセス数には伸び悩むもの。その時に売り込み以外のWebコンテンツがあるとないとでは、格段にアクセス数の伸びが変わってきます。なぜなら、商品・サービス紹介のページは、いわば広告・CMのようなもの。広告しか載っていない新聞や雑誌、CMしか流れないテレビを見ようと思いますか?おそらく多くの方が見ないでしょう。このように、売り込みコンテンツだけでは魅力的なホームページとは呼べず、充分なアクセスを集めることができません。なので、あえて売り込みに直結させない役に立つWebコンテンツを発信することで、伸び悩んだ時に困ることなく済むでしょう。

検索エンジンやSNSを活用する

みなさんは、何かを調べようと思ったときにYahoo!やGoogleで検索しませんか?疑問やお悩みを解決する知識・教育系のWebコンテンツ(Yahoo!やGoogleなどの検索エンジン)は、売り込みコンテンツよりも検索上位を獲りやすい傾向にあります。知識・教育系のコンテンツは検索ユーザーへの良質な回答になりやすいためにランキング上位に表示されやすくなります。また、売り込みを行わず、純粋に訪問者の役に立つコンテンツはSNS(FacebookやTwitterなど)でもシェアされやすいメリットもあります。シェアすることで、自分の知り合いなどにも情報が届けられます。打ち込みが強いコンテンツだとなかなか拡散されない傾向にありますが、あくまで訪問者の役に立つことに目を向けた、売り込み意識の弱いコンテンツならそこまで抵抗なく自然に拡散されていくので多くのアクセス数を集められます。

 

「Webコンテンツを作成・制作する」といっても、何をどうしたいいのか分からないですよね。そこで、企業のWebコンテンツを作成・制作するときに参考になる本があるのでご紹介します。

沈黙のWebマーケティング

『沈黙のWebマーケティング』

著名はSEOで有名なWebマーケティングチームの松尾茂起さん。Webマーケティングで成果を出すための考え方やノウハウが学べる解説書。大切な、実直かつ真摯に商品と向き合いその価値を顧客へと適切に届ける導線づくりのエッセンスや具体的な施策の考え方が詰まっています。初心者の方にも分かりやすく、ユニークなマンガ風のストーリーと理解を深めるための解説記事を交えた構成。

Webコンテンツを有効活用して会社の利益を高める

ISLANDCONSULTING

こちらの記事ではコンテンツの重要性について解説させていただきました。時間がかかるというデメリットもありますが、Webコンテンツは、一度公開するとYahoo!やGoogleなどの検索エンジンから2年たっても、3年たってもほぼ永久的に集客し続け、潜在顧客が集められます。これがWebコンテンツとSEO対策の最大の魅力です。また良質なコンテンツは、存在する限り会社の集客に貢献し、会社に利益をもたらす財産となり未来の売り上げを着実にアップできるものとなります。

ブログ一覧ページに戻る