アイディア不足を解決|目的に応じたWEBコンテンツの種類8選

 

WEBコンテンツ アイディア

インターネットのビジネスにおいて「WEBコンテンツ」と言う言葉がさまざまな場面で頻繁に使われるようになりました。

WEBを使ってプロモーションや集客するには、コンテンツの質が重要です。また、顧客のニーズに応じたコンテンツを提供するじことがWEBマーケティングではとても大切と言われています。

今回は、目的によって使い分ける「WEBコンテンツ」の種類を解説していきます。

WEBコンテンツの種類

コンテンツ 種類

企業がWEBコンテンツを作成する最終的な目的は、自社の売り上げ向上です。未開拓だった人にアプローチし、将来的に自社の商品やサービスを購入してくれる可能性のある見込み客にすることで、企業はさまざまな活動が可能になります。

こういった見込み客に対して、企業が効果的なアプローチをするための手段として「WEBコンテンツ」があり、その種類もさまざまです。その目的によって以下の種類を使い分けることで、より効果的なリードの創出と育成が可能になります。

単発型

主に、1つのテーマやコンセプトについて書かれた記事やニュースのこと。新聞や雑誌における特集のような位置づけであり、興味のあるユーザーを引き付け、サイトの知名度を上げる目的などで制作されます。

一時的な集客にはとても有効です。しかし、時期が過ぎると情報の鮮明度が落ちてしまい、訪問者からの興味が薄れてしまう内容になってしまう可能性があります。

連載型

単発型のコンテンツに対して、連載型のコンテンツはいわゆる「継続的」です。訪問者に継続してサイトを訪れてもらうために、続きを読ませる構造にしてリピーターを増やすのが狙いです。

またもう1つのメリットとして、WEBサイトに掲載する情報だけでなく、メルマガなどを継続して購読してもらうために企画されることも多いです。継続して読んでもい、徐々に読み手とのエンゲージメントを高められます。

追記型

すでに公開されている記事に関連する新情報や、追加的な情報を加えたコンテンツのこと。

既存の情報に加えて、その時点で話題になっていることやトレンドなどを付加価値として加えることで、そのページ全体の価値を高めていくことができます。

季節・歳時型

季節事の定例行事やイベントを題材として制作されるコンテンツのことです。

その時期に話題にあがるネタを活用し、新たな訪問者の増加や、検索優勢性の向上がねらえるほか、独人キャンペーンとの連動もしやすいです。例えば、「夏休みシーズン企画」や「クリスマス特別企画」といった特集コンテンツなどが代表的です。

永続型

永続型とは、難しい分野のノウハウや詳細なマニュアルなどを掲載したコンテンツのこと。訪問者が教科書や辞書的な意味で利用できるもので、流行やトレンドに左右されにくいために、長期的に安定したアクセス数を維持できます。

例えば、「冠婚葬祭で絶対に外せないマナー」といったコンテンツは、閲覧者は移り変わるものの、必ずその情報を必要とする人が出てくることから、安定したコンテンツになります。

辞書型

言葉の意味を解説したり、さまざまな内容を網羅的に掲載したもののこと。インターネット自体が大きな辞書みたいなものですが、1つのテーマについて網羅的に掲載されたコンテンツは、集客に繋がりやすく頼りになります。

例えば、「〇〇で作るレシピ集」です。レシピ集は、検索でも非常に強いコンテンツで、新規訪問者の獲得力を誇ります。ただ、作成するのが大変なので追記型やれんさいがたにして、少しずつ増やしていき将来的に同業他社が追随できない規模の「辞書型」コンテンツを構築していくと良いでしょう。

インタビュー型

業界の有名人や著名人にインタビューし、その内容を掲載するタイプのコンテンツのこと。雑誌などではよく見る分野でしょう。

相手のネームバリューなどを利用しやすく、かつコンテンツとしてもボリュームも取りやすいために相手の許可さえ得られれば非常にコスパのパフォーマンスの良いコンテンツになるでしょう。

データ型

調査結果や統計的な数字などがグラフなどを使って表示されているもののこと。分かりやすくまとまてあったりすると、普段興味や関心のないテーマのものもつい読んでしまうのがデータ型のコンテンツです。

アンケートで男性と女性の違い調査しグラフ化したものや、テレビの視聴率などは多くの人が興味・関心を持ってしまう「情報」になります。その業界でしか手に入らない統計数字や実測データなd、数字という味付けをすれば役立つコンテンツにまとめることができます。

最近では、エンドユーザーの声を集めて取引先にフィードバックすることが高い価値を持つことから、アンケートなどを実施する企業も増えているようです。

 

キーワードの選び方

キーワード WEB

コンテンツ作りの土台は、「キーワードを選び方」。キーワードは無数にあるために選び抜くことは、かなり大変な作業になります。そこで、なるべく時間や労働がかからないキーワードの選び方の方法を紹介します。キーワードを選ぶ際のポイントは、以下になります。

1.ユーザーの検索意図を大切にする

ユーザーが何を知りたいのか、何に疑問を感じているのか、何を求めているのかを推測しておきましょう。

2.無料ツールを使ってキーワードを洗い出す

自社の商品やサービスとユーザーニーズを照らし合わせて、コンテンツとして取り上げるべき大まかなキーワードを決めます。例えば、「化粧品」を調査したいキーワードとした時、候補ワードを数多く出すのには限界があります。無理に人力に頼らず、キーワードツール(Google広告キーワードプランナーなど)を使ってリサーチしましょう。キーワード抽出や選定は、コンテンツ制作において必要不可欠です。

3.ビックキーワード

大量に選んだキーワード候補の中から、メインとなるキーワードを選びます。検索件数の多いものは、そのままのニーズがあると考えましょう。しかし、ユーザーニーズを満たすキーワードは、競合が多いことになります。特にビックキーワードは、大手サイトが独占してるケースが多々あるので絶対に勝てるというビジョンが見えていない限りは避けた方が良いでしょう。

4.ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワード(別名スモールキーワード)と言うのは、検索ボリュームが数十回程度のキーワードのことを差します。「化粧品」を例にした場合、これはビックキーワードになり、「化粧品 ブランド名」「化粧品 下地 白肌」などがロングテールキーワードになります。つまり、ユーザーの検索意図が明確なものを意味します。そして、ロングテールキーワードは、検索ボリュームが小さいので必然的に競合数も少なくなり、適切にSEOを講じていれば早い段階で上位に上がってきやすくなる特徴があります。

5.キーワードを絞り込む

キーワード候補にある程度、優先度をつけたら、今一度コンテンツマーケティングの目的路あなたがターゲットとするユーザーを思い浮かべましょう。ユーザーの検索意図には「情報収集型」と「取引型」の二種類に分けられます。情報収集型は、「化粧品」「化粧品 使い方」であり、取引型は、「化粧品 安い」「化粧品 品名 値段」となります。情報収集型は、調べて知ったら終わりというユーザーが多い中で、取引型は、ユーザーのニーズがそのまま表れているので購入に繋がりやすいです。目的が流入や集客だけでなく購入などのコンバージョン獲得であるなら、取引型のワードを組み込むと良いでしょう。

6.競合サイトの調査・分析

キーワードが決まったら、競合をリサーチし、選んだキーワードの上位表示が現実的なのかどうかを判断しましょう。ここでのポイントは、キーワードで検索した1ページ目から、リスティング広告の有無や数、大手企業などのWEBサイトがあるかないかをチェックすることが大切です。リスティング広告が多い場合は、費用をかけてでも上位表示したいというサイトが多いことを意味し自然検索の難易度も高い傾向にあるために、検索上位を狙うのが難しくなってきます。

よって、便利な競合調査ツールを使って調査をしましょう。ツールを使うことで、調査・分析にかかっていた時間を大幅に短縮することができ、強力な競合サイトと対策するキーワードの被りがあれば考え直すことも視野に入れることができるので、オススメです。

 

ウェブコンテンツに有効なツール

WEB ツール

得られる情報が多いツールは、基本的に有料が多いです。しかし、ニーズ調査からコンテンツ制作、競合調査、効果検証までを行うためには、必要なものになってきます。いくつかご紹介します。

コンテンツマーケティングに取り組む際には、浜広くデータを得られるツールを1つ使えるようにしておきましょう。

Ahrefs(エイチレフス)

世界中で使われているSEOツールです。自サイト・競合サイトの詳細な被リンク情報や流入キーワード、キーワードの順位状況、独自ランク、独自のドメインランクなどが分かるものです。キーワード調査から投稿への反応が簡単にわかるので、コンテンツマーケティングでの使いどころがとても多いツールです。

エイチレフスの大きな特徴は、競合サイトの被リンクも細かく分析できるために、競合にあり自社にない要素を知り、サイト改善に役立てられます。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

自サイト・競合サイトの分析ができるツールです。サイトへのアクセス状況や競合サイトなど、コンテンツマーケティングを進めていくにあたって必要な数値を確認できます。また、シミラーウェブには、無料プランもあるので、まずは無料プランを使ってから有料プランに変更するやり方も可能でしょう。

シミラーウェブの大きな特徴は、競合調査・分析に非常に強いです。競合サイトはもちろん、自サイトを訪れたユーザーが訪れている他サイトも確認することができます。

MIERUCA(ミエルカ)

ミエルカは、優先して取り組むSEC対策や党友すべきコンテンツを提案してくれるものです。課題発見の作業を自動化できるので、SEO知識が少ない人でも検索上位を狙えるコンテンツを制作することができます。

ミエルカの大きな特徴は、サジェスト分析や競合流入調査などさまざまな機能で、一見見た目だけで関係性が理解できる表示となっているために、SEOやコンテンツマーケティングの知識が無くても分析が可能です。

 

生活の中にキーワードのヒントは落ちている

マインドマップ

これらのことから、コンテンツのアイディア不足に陥らないためにも、日々のインプット・アウトプットが必要です。

1日の中で、本を読む時間を作ったり、数分でもマインドマップ(メモリーツリーなど)を作成する時間を確保したりと、タスク以外でも時間こそがアイディアだしには重要となってきます。アイディア不足が問題であれば、アウトプットに意識を置くようにしましょう。仕事や時間に追われていると、なかなか自分

の考えを言語化することができず、整地することが不可能なのです。

インプットについては、業務に関係することばかりでなく、直接役に立たないかも?と思う興味のある事もインプットすると、クリエイティビティが増してアイディアが思いつきやすくなります!

 

ブログ一覧ページに戻る