SEOの対策の基本|ライティングポイントをWEBライターが解説

 

SEO コンテンツ施策

WEBサイト(ホームページ)の運営を行うと、検索エンジンを意識して、検索順位アップ・上位表示に結びつける対策を考えSEO対策を始めないと…と考える方がほとんどでしょう。しかし、何から始めたら良いのかわからず足踏み状態になってしまうなんて事も…。

SEOとはsearch engine optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の頭文字をとって略したもので、日本語にすると「検索エンジン最適化」という意味になります。

そもそも検索エンジンて何?と思う方多いのではないでしょうか?皆さんは、何かをインターネットで調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンを使いGoogleやYahooで調べたりしませんか?それが検索エンジンです!!検索エンジンとはインターネット上の情報を検索するシステムで、検索しているユーザーにとって適したサイトを表示するシステムです。この記事では、

  • SEOの基本
  • SEO対策していくためのポイント
  • SEO初心者がまずはじめにやる事
  • SEO対策するときに読みたい本

について解説させていただきます。

SEOの基本

seo

SEOとは、検索エンジンを通して自社の顧客になってくれそうな人が来てくれるようにWEBサイトやコンテンツを調整することです。ユーザーに評価されるだけではなく、GoogleやYahooと言った検索エンジンから見ても価値のある情報と判断され、上位に表示されるようになることを目指して施策を行い、ニーズに合った顧客の集客力を高めユーザーの問題解決を行うコンバージョン率を高めるメリットがあります。

 

SEOのメリット

  • 広告とは異なりコストが抑えられる、また無料で施策できる。
  • 検索結果でランキング上位に表示されると中長期的に安定した集客が低コストで見込める。
  • 検索行動から集客となるため成果に結びつきやすい、コンバージョン率が高いユーザーの流入が得られる。
  • 上位表示されることにより高いブランディング効果を得られる。

SEOのデメリット

  • SEO対策対策を行っても効果が表れるまで時間がかかり、即効性に欠ける。
  • 1ページに対して1テーマが基本なので綿密に行うにはコンテンツ制作さどの人的コストがかかる。
  • キーワードによっては上位表示の難易度が非常に高い場合がある。
  • 検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右される場合がある。

SEO対策をしていく上で重要なのは価値ある情報を提供すること

ISLANDCONSULTING

GoogleやYahooといった検索エンジンの中には様々な情報が溢れかえっています。何が正しいのか明確な答えはありません。しかし、SEOを行う上で最も重要なポイントは良質なコンテンツを制作しユーザーに対して価値ある情報を提供し、検索エンジン(GoogleやYahoo等)に正しく内容を伝えるということです。検索行動をユーザーのとって問題が解決できる、新しい情報や専門的な知識を得られるといった、満足感のあるコンテンツを提供できなければどんなにSEO対策を行っても上位表示は見込めません。コンテンツの満足感を高めるには

ユーザーに対してわかりやすい文章にする。検索エンジンに対して認識しやすい文章・記述にすることもポイントです。

SEO初心者がまず初めにやる事

では、SEO対策を初めよう!!と思っても何から取り掛かったらいいのかわからず作業がストップしているなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここからはSEO対策を行っていく手順をご紹介させていただきます。

  1. キーワードを決める

まずは、どんな検索キーワードで自分のホームページを表示させたいのかを決めましょう。キーワードを決めるポイントとしてはお客さんが使いそうなキーワードにします。そうすると、GoogleやYahoo等に評価されやすくなり、お客さん(検索ユーザー)がたくさんホームページに訪問しやすくなります。お客さんが使いそうなキーワードを探すのに最も簡単な方法はお客さんの身になることです。例えば

  1. ネット通販でお米を買いたい人」を集客したい。
  2. もし自分が「ネットでお米を買いたい」人なら、どう検索するかな?
  3. 自分なら「お米 通販」で検索しそう。
  4. 上位検索を狙うキーワードは「お米 通販」にしよう

このようにキーワードを決めてみましょう。他のどんな業種でも、どんな商品・どんなサービスでも、「お客さんの気持ちになってキーワードを考える」ことが、SEO対策の基本です。

  1. コンテンツを作成

キーワードが決まったら、次はコンテンツ制作。文章などでページの内容を作成します。ホームページの中から、順位を上げたいページを選びコンテンツを作りましょう。正しい文章で丁寧に書かないといけない…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、GoogleやYahooとは機械学習システムを展開しているので文章の「意味」が理解でき、その「意味」評価して順位を決めます。誰にでも意味が通じそうな、自然な文書を書くよう心がけましょう。そしてできるのであれば自分の言葉で書くことをおすすめします。自分で書いた文章だと、商品の長所やお客さんの悩みがちなポイント、プロならではのアドバイスなど価値のあるコンテンツを作る事ができます。

  1. リンクをつける

キーワード入りのコンテンツにあるページにさらにリンクが付くと順位評価が上がりまます。Googleが順位を決めるときに、リンクを評価する様子は「人気投票」に似ています。リンクがあるページはないページよりも高く評価されます。

SEO対策するときに読みたい本

10年使えるSEOの基本

LINEのように会話形式でSEOについてQ&Aを繰り返しわかりやすい解説で、長く使えるSEOの心構えから、検索エンジンの仕組み、コンテンツ作り、被リンクの重要性まで幅白い知識を網羅しています。また、134ページと短く1日から数日で読むこともメリットの一つです。

10年つかえるSEOの基本 | 土居 健太郎 |本 | 通販 | Amazon

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

SEOの考え方がメイン。「ECサイト」「プロダクト」「ニュースサイト」「美容・健康サイト」など各ジャンルごとに意識するべきSEOのポイントがあるので他の本にはない強みで、SEO対策を始めた後でも何度も辞書的に読み返す価値のある本です。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応] (「いちばんやさしい教本」シリーズ) | 安川 洋, 江沢真紀, 村山佑介 |本 | 通販 | Amazon

沈黙のWEBライティング

マンガ形式で読みやすく、物語を楽しみながらWEBライティングを学ぶことができます。私もWEBライティングを始めたときはこの本から読み始めました。ライティングのノウハウはもちろん読者の心を動かすライティング術などWEBライティングをしていく上で役立つ要素が凝縮されています。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉 | 松尾 茂起, 上野 高史 |本 | 通販 | Amazon

SEO対策のポイントはお客さんの悩みを解決してあげること

WEBサイト(ホームページ)を運営を行うと、検索エンジンを意識して、検索順位アップ・上位表示に結びつける対策を考える方がほとんどでしょう。しかし、何から始めたら良いのかわからず足踏み状態になってしまうなんて事も…。まずは、検索エンジンを通して自社の顧客になってくれそうな人が来てくれるようにWEBサイトやコンテンツを調整を行いましょう。そして、キーワードを選び、コンテンツを作成・リンクを付けユーザーの悩みを解決できる自然な文書を書くよう心がけましょう。

そして、できるのであれば自分の言葉で書くことをおすすめします。自分で書いた文章だと、商品の長所やお客さんの悩みがちなポイント、プロならではのアドバイスなど価値のあるコンテンツ作りにつながります。

ブログ一覧ページに戻る