リライトとは?SEO効果を高める方法とタイミング

 

リライト SEO

ブログやコラムを書いている方、リライトを正しく使えているでしょうか?

「記事を書いているのにセッション数が伸びない…」そんな悩みを解決するSEOに甲カテキン施策が「リライト」です。また、リライトをまずます行っていない、リライトをしてもなかなか効果が出ないなどで困っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、オウンドメディアの運用においてどれくらいSEOに効果的な施策であるかということと、重要な施策のひとつである「リライト」の基礎知識やより効果的なリライト方法をご紹介します!

リライトとは

リライトとは、すでにリリースされている記事をテーマは同じままで文章やの追加や書き換えを行い、ユーザーのニーズを考慮した、よりよいコンテンツへとブラッシュアップしていく作業のことです。つまり、「すでにリリースされているコンテンツの改善」を意味します。したがって、接続詞や語尾を変更しただけでは、コンテンツの改善をしていることにはならないのでSEO対策における「リライト」には該当しません。

リライトは、一見地味な作業に思われがちですが、これがメディアのせいちょうさせる上ではとても重要で欠かせない施策となります。

リライト記事の選び方

まずはリライトしたい記事を選定しましょう。そのために、ブログ全体の現状把握を行います、現状把握は無料であれば、Search Console(サーチコンソール)、有料であればキーワードごとの順位が分かるahrefs(エイチレフス)などのツールを利用することをオススメします。

検索順位は高いが、CTR(クリック率)が低いコンテンツ

この場合、主に「タイトルの見直し」「同線の見直し」が中心となります。検索順位が高いのにCTRが低いということは、単純にクリックされていないという事なので、タイトルやディスクリプションに問題がある場合があります。情報鮮明度を伝える「最新」「〇〇年」のワード、網羅性を伝える「保存版」「完成版」などのワードをいれることで、競合記事と差別化していきましょう。つまり、思わずクリックしたくなるようなタイトルにして、、クリックまで誘導するのです。

検索順位は低いが、表示回数、CTRが高いコンテンツ

この場合は、いくつか理由があると考えられます。まず、上位記事にユーザーを満足させるコンテンツが無いという可能性があります。力を入れてリライトすべきなのがこのパターンの時です。順位が低いにも関わらず表示回数、CTRが高いという事は、準順位が上がれば自動的に流入は増加していくからです。

リライトの際は、タイトルやディスクリプション、見出しを最適化させ、さらにコンテンツの内容を深めていくと良いでしょう。上位記事にあって自社記事にないようなテーマを追加することと、上位記事にないテーマを載せることで検索クエリに対して情報が網羅され、競合と差別化させることができます。

また、検索順位は低いが、表示回数が多くCTRも高いという場合は、ユーザーが比較・検討に慎重になるようなキーワードの可能性があります。悩めば悩むほど、順位が低いコンテンツにも目を通し勝ちになるので、表示回数が多くなりCTRも上昇するようです。

CTR、あるいは表示回数が向上しそうなコンテンツ

SEOの専門家がCTR検査結果を調査したところ、Googleの検査結果の順位におけるCTRは、1位が31.7%、2位は24.7%、3位は18.6%。5位以下は、10%を切りクリックされる可能性がかなり下がる結果になっていました。つまり、1~3位までは、すべてのクリックの75%を占めており、1ページ目の記事であっても5位以降は一桁%になることが分かります。

このことから、

  • 3位以上を狙えそうなコンテンツ
  • 1ページ目に上がりそうなコンテンツ

を注視してリライトしていきましょう。

更新日が古い記事

作成日が古く、その後なにも更新されていない場合、正しい情報に更新する必要のある記事はリライトしましょう。ユーザーが記事を読んだ際、その内容が時代遅れであったり、最新情報から遠い情報・内容だったりすると、信ぴょう性の無いWebサイトと思われてしまいます。古い記事・内容の記事は、最新情報にアップデートしましょう。

上位表示されるリライトのコツ

リライト 上位表示

上位記事は、ユーザーにもGoogleにも評価されているコンテンツです。吸収できる部分が必ずあるので、積極的に取り入れていきましょう。ただし、Googleがペナルティを受ける可能性があるのでコピペは厳禁です。「上位表示され、検索上位を狙うためにすべきこと」を以下で詳しく解説していきます。

サジェストキーワード、関連キーワードを意識する

リライトする記事が決まったら、共起語(狙っているキーワードと関連性が高くキーワードやサジェストワード、関連キーワードを見直してみましょ。サジェストワードとは、検索エンジン上であるキーワードを入力すると、表示される検索候補のことです。一方で関連ワードとは、検索結果の一番下に表示される検索ワードとは別に関係のあるキーワード群になります。

関連キーワードからコンテンツに含まれていなかった新たなテーマを選べば、異なる角度からアプローチできるようになるでしょう。例えば、「沖縄 旅行」で作成した記事に、「時期」と言うテーマで「夏」や「冬」の特集を追加することで情報が網羅され、幅広いユーザーの集客が可能になるかもしれません。

サジェストワードや関連ワードから自社記事で取り扱っていないキーワードを選んだり、新たなテーマを加えるようにしてリライトしてみると良いでしょう。

読みやすい文章

部分賞の可能性を高めるリライトを行いましょう。そのためには、まず文章をしっかりと読み理解する必要があります。細かい部分まで注目していきましょう。

誤字脱字は必ず訂正し、難読漢字や難しい言い回しなども省くか、滅の言葉に置き換えるようにしましょう。読みやすさに限界はありません。どんな人が読んでも分かりやすく理解しやすい簡単な文章を心がけましょう。読み手が素早く理解できて、記憶に残ることが可能性の対文章という事です。単語単位ではなく、文脈に強引なところはないか、意味不明な話の流れになっていないかなど注視して、必要があれば書き直しましょう。

例えば、「先ず」は「まず」に、「信憑性」は「信ぴょう性」になどです。

内部リンク

リライトが終わったら、内部リンクにも注意を払うようにしましょう。記事作成当時にはなかった、新たな関連性が生まれているなんてことはよくある事です。サイト内に関連のある記事があれば、リンクでつなぎましょう。なお、その際はアンカーテキストにしっかりとキーワードを含まるようにしましょう。

内部リンク自体は、たしたSEO効果はありません。しかし、Googleのクローラーが正しくサイトを巡回するための、またはユーザーが回遊しやすくあるための手助けになります。リライトの際は、内部リンクのチェック・整理をオススメします。

リライトを行う効果的な時期

リライト 時期

オウンドメディアの立ち上げ初期は、リライトする時期には適していません。この時期は、記事数がまだ少なくサイト全体の評価が低いために、検索上位に上がりにくい傾向にあります。

したがって、1回目にリライトに適している時期は、オウンドメディアを立ち上げてから3か月~半年ごろを目安に開始すると良いでしょう。記事数の目安としては、50~100件程度です。新記事も公開しながら、同時進行でリライトを進めることをオススメします。

また、オウンドメディアの記事数が500件を超えてきた時期には、オウンドメディアとしての色が出てきている傾向にあるので、リライトメインに切り替えましょう。記事数が増えてくると、既存のコンテンツと重複が増えたり、魅力のある記事を新規で発信することが困難になります。そのために、リライトをメインにし、時折、新記事を公開するのが望ましいです。

リライトするときの注意点 

リライト 注意点

実際にリライトを行う際には、以下の点に注意して行うようにしましょう。

  • 本文テーマにそぐわない内容の追加
    事前に攻勢を練っておくことが重要です。本文に関係のない箇所に気付いた場合は、早急にリライトしましょう。
  • 無駄に長々とした文章
    掲載順位が上位の記事は文字数が多いことが多いですが、ただ文字数が多くても意味がありません。リライトは、追記ではないので文字を追加する場合は競合調査をし、自社コンテンツの文字数が競合記事と比較して少ない時に行うべきでしょう。
  • 重複したコンテンツ
    すでに自社内でひっぴつしている記事内容と重複してしまう場合には、文章の内容を再考・変更する必要があります。自社内のコンテンツであっても同じ内容のコンテンツが多い場合には、重複しているとみなされてしまいます。記事のてーあや内容が似てしまうことは多々あると思いますが重複コンテンツを投稿してしまうような体制は避けましょう。

コンテンツ記事をリライトして上位表示を狙う

今回の記事では、リライトの目的とリライトする際の注意点を紹介しました。「記事数はあるのにアクセスが伸びない」となやんでいる人は、リライトを検討してみると良いでしょう。過去記事を見直すことで、検索順位が上がり収益化が進む可能性も出てきます。

リライトは、何も考えずに修正するのではなく、

  • 検索順位の上昇
  • 関連記事への誘導
  • 古い記事を最新のものへアップデート

この点を意識して改善しましょう。

ユーザーの利便性を上げることが、結果的に検索順位を上げることに繋がります。リライトでユーザーにとって、より分かりやすい記事になるようにしていきましょう。

ブログ一覧ページに戻る