効果的な飲食店の集客方法|コンテンツ制作をして財産を残す

 

飲食店

飲食の経営において、売上はとても大事です。売上がなくては、経営していくことはできませんよね。でも「売り上げをアップさせるためには?」「お客様(リピーター)を増やすためには?」など思った時に、何をしたいいのか分からない人もいると思います。

また、飲食業界にWebマーケティングって必要なの?と思う方もいると思いますが、実は、飲食業界こそWebマーケティングの力の見せ所なのです!特に、地方の飲食店では、大きな力を発揮します。

そこで、今回の記事では、「売上を上げるコツ」「リピートしたいと思うお店」「飲食業界に必須であるコンテンツマーケティング」など、徹底解説していきます!

売上を上げるコツ

飲食店 売上アップ

売り上げを上げるためには、主に「新規顧客」「客単価」「リピーター」の3つが重要な項目です。こられ3つを増やすことで、売り上げが上がります。

マーケティング用語では、「1:5の法則」というものがあり、一般的に新規顧客1人を獲得するには、5倍のコストをかける必要があるという法則です。この法則の通り、新規顧客を獲得するためには、、割引クーポンやSNSで宣伝したり、チラシなどコストがかかります。

また、客単価を上げようと商品の値上げうぃしても、一時的には伸びますが、長い目で見ると効果的な方法ではありません。客離れにつながるケースも。そのため、リピーターとなるお客様を増やすことが重要となります。

リピートしたくなる仕組みづくり

リピーターを獲得し、増やしていくには、「お客様の心を掴むこと」が重要となります。飲食店にお客様がリピートする理由は、主に5つあります。

  • メニュー
  • 価格
  • 店内のキレイさ
  • 雰囲気
  • 利便性

自分がお客として来店することを想像すると分かりやすいでしょう。リピーターの多い店の共通点は、お客様が思わず「リピートしたい」と思わせる工夫がされていることです。

リピーターになる人は、メニューを重視している人が多く居ます。お店の定番メニューに加えて季節のメニューを取り入れ、飽きを感じさせない工夫をしています。合わせて、お客様は、料理やサービス、お店の雰囲気、価格に対してコストパフォーマンスがすぐれているか判断しています。

また、店内の清潔さも重要であり、座席やテーブル、トイレなどの清掃が行き届いているかが重要です。

お店の雰囲気もお客様がくつろぎやすく、居心地がいい雰囲気づくりがされているのかポイントです!駅から近いところや車で行きやすいところにあるお店の場合は、利便性が良く通いやすいことからリピートするお客様が増えやすい特徴があります。

店独自のアピールポイント

飲食店 メニュー

数ある飲食店の中から飲食店を選ぶときお客様は、目で見て判断しています。以下の項目などから自店の強みをアピールをしていくと良いでしょう。

  • 営業時間、休業日
  • メニューの内容
  • 価格
  • 住所、エリア
  • お店の雰囲気
  • 個室あり
  • 喫煙可

など、顧客は、情報の内容が充実していて信頼できる店舗を選ぶため、常に正しい情報を表示させることが必須です。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、顧客にとって価値のあるコンテンツを作り、それにより自店のファンを増やす集客方法のことです。

集客において、お客様との関係を疎かにすることはタブーです。

お客様がいてこそ、お店が成り立ち、利益に繋がります。しかし、利益目的だけでお客様と関係を築いてしまうと、関係性にヒビが入り、集客の面で成功には程遠い結果となってしまいます。

お客様との良い関係を築くために、コンテンツマーケティングを活用とした顧客のファン化を行うことがポイントとなります。ユーザーの購買意欲を向上させるような魅力的なコンテンツを発信していくことにより、コンテンツの読者を増やし、最終的に自店へのリピーターとなっていただくのです。

飲食店のコンテンツマーケティングの手法は、ブログやSNSによるコンテンツの配信が有効です。

ブログ

お客様にとって役立つ情報を配信することでアクセス数を増やします。

  • 自店こだわりの調理器具や食材、サービス
  • オススメの料理屋レシピ

などの、専門性が高く、こだわりを持って仕事をしているコンテンツを提供することで認知度の向上を図ります。

SNS

ブログは、認知度の向上のために。SNSは、ユーザーを実際にラテンに結びつけるのに有効です。代表的なものでは、FacebookやTwitter、Instagramなどんがありますが、特筆すべきは、いいね・フォロー・コメント・シェアというユーザー評価を得られる機能にあります。

その日その時のタイムリーな情報をユーザーに届けることで、コンテンツの評価を上げましょう。また、コメント機能により、ユーザーの声に反応することで、コンテンツマーケティングにおける「見込み顧客とコミュニケーションを通して購買意欲の増進」をクリアすることができます。

飲食店がコンテンツマーケティングを行うメリット

飲食店

ブログやSNSから発信した情報は、飲食店を探している多くのユーザーの目に留まります。そうすることで、今まで自店のことを知らなかったユーザーも「こんなお店あるんだ」という発見や認知するのに役立ちます。

また、魅力的なコンテンツにより、ユーザーの共感を得ることで、お店に興味を持ち、来店されるお客様が増えるメリットの1つでしょう。

さらに、イベントやキャンペーンの開催、季節の料理の提供を始める時期に合わせて情報を配信することで来店促進の効果もあります!

飲食店のコンテンツマーケティングのポイント

コンテンツマーケティングを行うにあたって考えなくてはならないのは、ユーザーニーズです。

ユーザーニーズを知る

  • 女性に人気の〇〇料理を食べてみたい
  • 本格中華を味わいたい
  • プロ目線のおいしい飲食店が知りたい

など、ユーザーニーズを満たすコンテンツの配信を心がけることがコンテンツマーケティングのポイントです。そのために、まず自店のターゲットとなるお客様がどのようなことを求めているのかを分析し、把握する必要があります。

ユーザーニーズを調べる

ユーザーニーズを調べる方法は2つあります。ツールを利用して市場データを収集する方法と、ユーザーの生の声を聞く方法の2種類があります。

  • Googleアナリティクス
    Googleが提供しているアクセス解析ツールです。
    リアルタイムのWebサイト訪問者数やPV数などを資格からとらえられるため、非常にに分かりやすいツールです。
  • Google Search Console
    Webサイトにどのような改善が必要なのかを分析することができます。ユーザーがどのような検索キーワードを入力して、自店のサイトを訪問しているのかを調べるのに役立ちます。検索キーワードごとの表示回数やクリック数、掲載順位などが分かります。
  • キーワードプランナー
    上の2つを使用し、ユーザーの建材ニーズを把握した後がこのキーワードプランナーの出番です。どのようなキーワードを使用すると、より多くのユーザーに検索されるのかを調査することができます。
  • クチコミ
    ユーザーの本音を知ることができるため、ニーズ調査には最適です。中には、疑問に思っていることも含まれるために、配信コンテンツのネタ元としても利用することができます。

店舗の情報を発信する

飲食店 店舗情報発信

実際に店舗の情報を発信するツールとして、

  • Googleマイビジネス
  • SNS
  • 公式HP
  • チラシ

などがあります。これらを使って自店の情報を発信していきましょう。リアルタイム情報やお得メニュー情報、期間限定メニューやイベントニュースなどから、既存客・見込み客とのコミュニケーションを取って行くことをオススメします。

ブログ一覧ページに戻る